亡き少女の為のパヴァーヌofficial web

明治幻想浪漫奇譚・コミックブレイド連載中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぱばーぬコラム 第五章 正義~Gerechtigkeit~

大分たまっておりました。
同人誌 「私花集」からの再録&編集コラムです

第五章 正義~Gerechtigkeit~

とりあえず続きを読む、からどうぞー


◆四巻、第五章 正義~Gerechtigkeit~のコラムです◆


この話のヒロイン、高知出身の香美たんですた。

基本的にヒロインになったら意識して
色々な髪型チェンジ・衣装チェンジをして
目にもキャラを楽しんでもらおー!という努力をしているのですが、
香美たんだけは衣上手く髪型替えが出来なかったので、
同人誌で髪ほどき香美たんをやってみてました。
衣装替えは結構できたのですけどねー。

香美たんは正直メインになるのはもう少し後かなー、
と思ってたのですが2巻目でのキャラ的立ち回りが悪かったせいか、
最下位になってしまってちょっと焦りました。

聖女になったら聖女キャラへ
最大限パワーを掛けて話を作ってはいるので、
あの話はこれでいい、とは納得しているのですが、
考える時間がもっとあったら同じ話でも
もっと良い演出をしてあげられたんじゃないかなー、と
思うのが少し心残り。

よく「漫画は絵より、話だ!」という人は結構いるかと思うのですが、
個人的には「漫画は絵や話より、演出だ!」と思っていますんで…
…割合的には「絵3割・話3割・演出4割」くらい。
だって、ほら、たとえば「桃太郎」の話をジャンルが違う5人の漫画家に
描かせたら、全部違う漫画になるだろ?、みたいな。


話がずれた……。

取りあえず3巻の萩さんの話はネームもスカッとかけた
個人的に会心回だったので、
超ネームで苦労した4巻の香美たんは演出的にもうちっと
出来たことがあるかもなー、という気分。

うーん、ネームは生き物なので、なかなか難しいですな。

まぁ一巻分描き終える四ヶ月だけじゃ
やっぱりちょっと構想期間としては
短いかもしんないね…

…といってもなんだかんだで
ある程度どんな漫画でも毎回毎回こじつけと
行き当たりばったりも多用しながら
話を作っているのですが(;´ω`)。


そんなテンション低い話題ばっかもアレなんで、もちっといい話を…。

香美たんとタッキーは「友達以上、恋人未満」を目指してみました。

香美たんは年下ツンデレなので、
なるべく恋愛恋愛しない感じにしたかったのです。
タッキーの新たな一面も出せたりして、
結構いいカンジになったと自画自賛なのですが、いかがでしょー。

恋人未満なのでチューはおろかハグすらありませんでしたよ、
でもそれもわざと。

ラブラブになってほしいー、
って方には物足りなかったかもですがー……。
まぁでもツンデレはデレる直前が一番美味しいってことで……。

あとブローチの色の変化がわからない
「クローズド状態」もちょっとウリでした。えへ。



とりあえず今回はそんなかんじでー

| 最新情報 | 04:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。